過去の展示一覧

2015年

「モダン都市の文学誌 〜描かれた浅草・銀座・新宿・武蔵野〜」
会期:平成27年6月2日〜7月20日

この展覧会は、東京の様々な地域を文学作品から読み解くものとして企画しました。
川端康成の「浅草紅団」(昭和4〜5年)は、関東大震災前の浅草の風俗と、震災後に新たな町づくりが始まった隅田川周辺の様子を重層的に描いた作品です。物語に登場する〈浅草雷門ビル〉は、昭和2年に浅草―上野間でスタートした東京地下鉄道が運営する食堂で、新時代の象徴として描かれています。


永井荷風は「つゆのあとさき」(昭和6年)で、自ら足繁く通った銀座のカフェーの風俗を詳細に記しています。朝日新聞社屋や帝国ホテルなどの建造物も印象的に登場し、梅雨前後の季節感を表出させながらストーリーを進める筆致に、その実力が発揮されています。
浄書・製本された自身の日記「断腸亭日乗」原本が数多く展示されたのも、本展の特徴でした。


龍膽寺雄は、昭和初期に一世を風靡した流行作家で、「新宿スケッチ」(昭和4年)では町の特性をスピード感あふれる鋭利な文体で活写しました。震災後、郊外の人口が増加した東京では、新宿は私鉄電車の始発駅がおかれた〈ターミナル駅〉としての役割を果たし、周辺には、映画館、劇場、ダンスホールや百貨店など、大衆の好む都市の施設が建ち並びました。


横光利一の「春園」(昭和12年)は、欧州旅行を経て東洋文化における西洋文明の超克に目を向けた作者が取り組んだ作品です。舞台となった武蔵野地域の田園風景は、登場人物の心理や行動の変化を際立たせています。


本展を通して、改めて、今につながる都市と郊外の姿を見つめ直すきっかけを感じていただければと考えました。
なお、期間限定で園内のカフェ・武蔵野茶房で販売の「ライムソーダ」は、昭和の銀座で永井荷風が飲んだ「ライムジュース」をヒントに作ったもので、暑い中ご来園のお客様に好評でした。


■「下布田遺跡 ー武蔵野の歴史と考古学ー」
会期:平成27年3月28日〜5月17日

江戸東京たてもの園が武蔵野郷土館から引き継いだ考古資料のうち調布市下布田遺跡の出土資料に焦点をあて、同館が1968年(昭和43)と1971年(昭和46)に行った発掘調査の様子やその成果も明らかにしました。あわせて、武蔵野郷土館の歴史についても紹介しました。展示構成と内容は以下のとおりです。


【プロローグ】武蔵野郷土館前史
 武蔵野郷土館旧蔵資料の中には、1934年(昭和9)、有栖川公園内に設置された「東京郷土資料陳列館」から引き継いだ資料もあります。この博物館がどのような施設だったか紹介しました。また、この施設の展示を支える存在として、1916年(大正5)に結成された郷土史グループ「武蔵野会」についても結成のきっかけ、活動の様子などを紹介しました。このほか、同館から引き継いでいる縄文土器や石器、江戸時代の焼塩壺、常盤橋擬宝珠なども展示しました。


【第一章】武蔵野郷土館の活動と考古学
 1948年(昭和23)、活動を休止していた武蔵野会を引き継ぐ武蔵野文化協会が結成され、井の頭公園自然文化園内に設置された「武蔵野博物館」の経営にあたりました。同館は1954年(昭和29)、小金井公園に移転し、都営の「武蔵野郷土館」となりました。両館では縄文時代の遺跡を中心に精力的な発掘調査が行われ、その成果がいち早く展示されました。両館の概要、発掘調査の軌跡などを紹介しました。縄文時代の丸木舟も、武蔵野博物館発足と縁があるため、展示しました。


【第二章】下布田遺跡
 1968年、1971年の二次にわたって、武蔵野郷土館が行った発掘調査について紹介し、当園が所蔵する下布田遺跡出土資料を展示しました。重要文化財に指定されている土製耳飾をはじめ、土器、土製品はほぼすべて、石器は代表的な資料を選んで展示しました。登録資料すべての写真を掲載した展示図録も作成し、調布市郷土博物館など執筆者のご協力により、解説パネルも展示しました。ギャラリーでは「その後の下布田遺跡」と題して、国の史跡となった経緯や注目される遺構などを紹介しました。


また、ロビーでは、閉館直前の様子を克明に記録し、紹介した映像「武蔵野郷土館」も展示映像として放映しました。
2月13日、本館ホールでたてもの園セミナー「武蔵野郷土館における発掘調査とその成果 下布田遺跡を中心に」を開催し、図録への執筆をお願いした川崎義雄氏、小池聡氏、赤城高志氏にご発表いただきました。


江戸東京たてもの園開園20年を一区切りとして、開園以来行ってきた、考古資料中心の編年展示を見直し、各遺跡の出土資料と当時の発掘調査に焦点を当てる展示の第一弾として、本展を行いました。展示図録作成にあたっては多くの方にご協力をいただきました。武蔵野郷土館の活動や前史については、2012年、2013年に行った講演会の成果がベースとなっています(2015年3月発行の『江戸東京博物館紀要第5号』に「小特集 武蔵野郷土館の活動と考古学」として講演録を掲載)。


ページの先頭へ戻る