過去の展示一覧

2013年

■「武蔵野の歴史と民俗−江戸東京たてもの園収蔵品展−」
会期:平成25年7月20日〜平成26年3月2日

武蔵野郷土館から引き継いだ資料のうち、考古資料により、旧石器時代から中世までの武蔵野のあゆみを紹介するとともに、トピックスとして武蔵野の歴史や民俗にまつわる資料も紹介しました。展示構成と内容は以下のとおりです。


(1)旧石器時代〜3万年前のくらし〜
茂呂遺跡のローム層標本(出土黒曜石入り)などを紹介。


(2)縄文時代〜採集・狩猟・漁撈の時代〜
考古資料による展示の大半を占めるコーナー。橋立岩陰遺跡の草創期土器片、中期・後期の華やかな土器各種、重要文化財の土製耳飾(下布田遺跡)、広畑貝塚の骨角器や埋葬人骨、丸木舟などバラエティに富んだ資料を展示しました。


(3)弥生時代〜米づくりが始まったころ〜
弥生式土器、石包丁などを展示しました。方形周溝墓の写真パネルも展示しました。


(4)古墳がつくられたころ
観音塚古墳の太刀型埴輪、須恵器などを展示しました。当園の屋外展示物、瀬戸岡古墳群1号墳も合わせて紹介しました。


(5)国づくりのころ
武蔵国分寺等の古瓦、深大寺釈迦如来倚像(複製)などを展示しました。


(6)中世の武蔵野〜在地領主の時代〜
板碑、片口蓋付骨壺、かわらけ、馬の頭骨、八王子城関係資料などを展示しました。


(7)武蔵野の歴史 玉川上水
玉川上水の近世から現代までのあゆみを年表として展示し、玉川上水の関係資料(上水の水質を守るため、禁止事項をうたった高札、4m余の上水木樋、江戸時代の上水関係文書など)を展示しました。当園の屋外展示物、上水石枡などもあわせてご紹介しました。


(8)武蔵野の民俗 七夕馬と虫送り人形
武蔵野郷土館の初期のころ収集され、展示されていた藁製の七夕馬、虫送り人形を展示しました。


このほか、武蔵野郷土館や前身の武蔵野博物館を紹介するパネルの展示、閉館直前の様子 を克明に記録し、紹介した映像「武蔵野郷土館」の放映も行いました。
10月12日には、関連事業として講演会「武蔵野郷土館の発掘調査と考古学」を行いました。元武蔵野郷土館調査員の岡田淳子氏、学生時代から武蔵野郷土館の発掘調査に関わっておられた坂詰秀一氏、川崎義雄氏より、武蔵野郷土館時代のさまざまなお話を伺いました。


例年、考古資料が中心ですが、初の試みとして七夕馬などの民俗展示を行いました。七夕の習俗として藁で馬を作って奉納する習慣は関東の広い地域であったようで、来園されたお客様がその思い出をお話しされている様子も見られました。


「大奥女中とゆかりの寺院」
会期:平成25年5月18日〜7月7日

大奥展というと調度品や衣装などを展示した華やかな展覧会を想起しますが、今回は寺院との関係という違う角度から大奥を取り上げた展示としました。大奥女中が信仰や支援をした寺院の大半は、将軍家の菩提寺や祈祷寺・御膳所など徳川家と関わりのある寺院です。


5代将軍綱吉の生母桂昌院が建立した寺院の事例として万福寺塔頭法林院を取り上げ、出開帳で江戸に運ばれた秘仏が江戸城大奥に上がった例として身延山久遠寺、立山、善光寺を取り上げパネル展示しました。特定の大奥女中と密接な関係にあった妙定院、法養寺、広く信仰を集めた堀之内妙法寺を紹介し、焼失後の再建に大奥を頼った事例として木下川浄光寺の資料を展示しました。さらに奥女中と僧侶との密通が疑われた延命院事件や智泉院事件についても事件の真相を掘り下げ、証拠となる新出の史料にたどり着きました。


昨今、大奥女中が開基となった寺や墓所となった寺院、あるいは子孫のお宅から関係資料が発見されています。今回資料を借用した寺院の大半は外部に資料を貸しだすのは初めてで、展示資料の多くは初御目見えといえるものでした。また、幕末の大奥御年寄瀧山の日記をこの展覧会で初公開しました。


■「たてもの園と建築家たち」
会期:平成25年1月17日〜5月6日

1993年(平成5)3月28日に開園した江戸東京たてもの園は、今年3月に満20周年を迎えました。
江戸東京たてもの園は、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指した、野外博物館です。

この展覧会では、この20年の間に移築された建造物のうち、建築家によって設計された3棟の住宅を取り上げました。堀口捨己による「小出邸」、三井道男による「田園調布の家(大川邸)」、前川國男の自邸である「前川國男邸」の3棟です。
堀口捨己、三井道男、前川國男による住宅の当初図面を展示するのは今回、初めての試みでした。特に前川國男邸の図面は、建築やデザインを学ぶ学生や建築関係者からの要望も多かったこともあり、間近に図面を鑑賞したあとに、実際の建物を見学できることで、ご好評をいただきました。


ページの先頭へ戻る