過去の展示一覧

2009年

「甲武鉄道と多摩」
会期:平成21年10月10日〜12月20日

「魅惑のカンバン・ハリガミ展」
会期:平成21年6月13日〜9月27日

私たちの暮らしを取り巻く華やかで美しく、時にはユーモラスな看板や貼り紙たち。本展覧会では、豊富な実物資料とともに、その歴史と実態に迫ります。江戸時代から昭和40年代までの看板や幟(のぼり)にみる多様なデザインと力強いメッセージ。今をときめく路上観察学会の諸氏が採集(撮影)した不思議で、奇妙で、素敵な看板・貼り紙の数々。これらが所狭しと並び、皆様を魅惑のカンバン・ハリガミワールドへと誘います。


時代の息吹を感じさせる明治時代の木製看板、レトロでポップなホーロー看板、ユーモラスな貼り紙の数々。展示室に並ぶ看板や貼り紙を前に、多くのお客様が、時には感嘆の声をあげ、時には微笑みながら資料に見入られている姿がとても印象的な展覧会でした。


「桜を愛でる〜花見の今昔〜」
会期:平成21年3月20日〜5月31日

「日本の建物」第四部「建物のカケラ〜一木努コレクション」
会期:平成21年1月4日〜3月1日

一木努(いちきつとむ)氏は、約40年間にわたり、日本各地の失われゆく建物のカケラを収集し続けてきた「カケラコレクター」です。一木氏のコレクションは、三菱1号館、鹿鳴館(ろくめいかん)、帝国ホテル、巣鴨プリズン、浅間山荘、美空ひばり邸など、有名建築家の作品や時代を物語る建物のカケラの宝庫です。また、名も無い職人が手がけた美しいテラコッタレリーフや装飾金具の数々は、私たちの脳裏に今は亡き建物にまつわる物語をつむぎます。


本展覧会では、今回が初の一般公開となる貴重なカケラの数々を展示しました。建築に対する専門的な興味、オブジェとしてのカケラを鑑賞する美術的な興味、建物の時代性に思いを馳せる歴史的な興味、さらには、自分にとって特別な建物を追憶する個人的な興味。大きな建物が遺した小さなカケラたちは、私たちに無限のメッセージを投げかけてくれました。

ページの先頭へ戻る