過去の展示一覧

2004年

■「ドラえもんとはらっぱ〜土管はワンダーランドへの入り口〜」
会期:平成16年12月7日〜平成17年6月26日

土管の置かれたはらっぱ(空き地)は、子どもたちの遊び場で、時には心安らぐ居場所でした。一見したところ持ち主や目的が分からないはらっぱの「あいまい」さは、子どもたちの想像力と冒険心をかきたてました。長期間にわたり描かれたマンガ『ドラえもん』からは、時代とともに移り変わる子どもたちの遊びやはらっぱの様子をうかがい知ることができます。


本展では、マンガのなかからはらっぱの場面を抜き出して、はらっぱの移り変わりとその世界を紹介しました。展示室には、のび太の住む街の地図をはじめ、野比家の間取りも再現され、連日たくさんの家族連れで賑わいました。


■「武蔵野文学散歩展ー都市のとなりのユートピア」
会期:平成16年9月14日〜11月28日

本展では、自然の美しさを詩情あふれる文体で表した国木田独歩、「美的百姓」の生活を実践した徳富蘆花、都会人の心を潤す場として郊外を紹介した田山花袋、近郊の新開地に住んだ井伏鱒二や太宰治、復員兵の視線で土地をみつめた大岡昇平など、武蔵野ゆかりの作家や作品を紹介しました。都市に近接する場所として、多くの文学作品の舞台となった武蔵野の自然と生活。


本展では、東京の発展にともない変化を遂げる武蔵野の姿を通して、今日の都市と自然の共生についても考察しました。また会場を展示室から屋外にまで広げ、園内の屋外展示物や建造物を文学との関係から紹介して、たてもの園の新しい楽しみ方も提案しました。


■「水木しげるの妖怪道五十三次ー妖怪と遊ぼう展」
会期:平成16年7月21日〜9月5日

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」などで広く知られる水木しげるさん。50年以上の画業の中で数多くの作品を生み出してきました。最近の作品である「妖怪道五十三次」は、歌川広重の「東海道五十三次」を妖怪たちが旅をしたらどんな旅になっただろうかという遊び心から制作されました。お江戸日本橋を出発し、東海道の宿場にひょっこりあらわれる日本全国の妖怪たちが宿場の人びとを驚かせたり、ふざけたりしながら旅をしている様子が描かれています。
本展では原画を中心に、関連資料を展示しました。


■「中世、埋められたモノたち〜銭の力、石の力、地の力」
会期:平成16年6月15日〜7月14日

江戸東京博物館にて開催された企画展「発掘された日本列島2004」(6月1日から7月7日)と連動して、江戸東京たてもの園では「中世」をテーマに、多摩を中心とした最近の発掘成果の紹介と、旧武蔵野郷土館資料を展示しました。


土器や石器など、発掘されたモノはほとんどが期せずしてそこに埋まってしまったものですが、中には過去の人びとが、わざわざそこに埋めたものもあります。こうした「埋められたもの」と「埋めるという行為」はいつの時代にも見られますが、今回、特にこれが特徴的に認められる中世を取り上げ、大量出土銭・板碑・地下式坑の3つの「埋められたモノたち」を中心に、「埋めるという行為」のもつ意味をも視野に入れた展覧会を開催しました。あわせて、八王子城跡から発見された貴重な考古資料も展示しました。


■「幕末の江戸と多摩〜新選組の時代 その時、江戸と多摩で何があったのか」
会期:平成16年3月27日〜5月30日

平成16年のNHK大河ドラマは、シリーズ43作目にして初めて新選組をとりあげ、これにあわせて江戸東京博物館や日野市、調布市など、新選組ゆかりの地である多摩地区の各地で企画展が開催されました。江戸東京たてもの園でも、新選組を生み出した多摩地方独特の土壌や新選組が活躍した幕末の江戸と多摩の社会情勢をとりあげる展覧会を開催いたしました。


この展覧会では、諸外国との軍事的緊張によって江戸の人びとが多摩地方へと疎開する様子を描いた「あわて絵」や多摩の農民たちの武装化、慶応2年(1866)に江戸と多摩でおきた世直し一揆、戊辰戦争を経て東京遷都へと向かう歴史過程などを様々な角度からとりあげ紹介しました。展示室内では床一面に新選組の足跡がたどれる江戸と多摩の巨大復元地図(縦5M×横10M)を敷きつめました。また期間中全6回にわたり、幕末の江戸と多摩に関する講演会を行いました。


■「はらっぱー夕暮れまで遊んだころ」
会期:平成16年1月6日〜3月14日

かつて町のところどころに、だれの土地とも知れない「はらっぱ」がありました。そこは子どもたちの遊び場であり、町の人たちが集う広場であり、物売りや大道芸人のなりわいの場である不思議な場所で、都会の人間にとってかけがえのない故郷の風景(「原風景」)となりました。しかし、はらっぱは時代を経るにつれ、だんだんと町の中から消えていきました。


この特別展では、戦前から現代まで、下町のはらっぱの移り変わりが描かれた絵本『はらっぱ』(童心社)の世界を中心に、はらっぱでみられた遊びや建物、人々の暮らしの変化を紹介しました。また、園内の空き地をはらっぱに仕立てて、むかしの遊びや乗り物を実際に体験することができるイベントも開催されました。

ページの先頭へ戻る