過去の展示一覧

2002年

■「江戸東京たてもの園と千と千尋の神隠し」
会期:平成14年10月12日〜平成15年8月31日

2001年7月20日に公開され、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画部門を受賞した「千と千尋の神隠し」。この作品は、たてもの園がイメージの一つとなりました。

この展覧会では、「千と千尋の神隠し」に要した背景画や原画・動画のほぼすべてを展示しました。
また、制作に携わったスタッフの机の周りにあったメモ類なども展示されて、制作の舞台裏も紹介しました。なお、期間中「オスカー像」が展示されました。

■「大岡越前守と武蔵野新田の開発」
平成14年3月19日(火)〜5月6日(月)

たてもの園がある小金井市は、古くから武蔵野と呼ばれ、江戸時代前期までは水の便が悪く、人が住むには適さない地域でした。ここに開発の手が入ったのは享保年間のことで、開発の中心人物は町奉行で有名な大岡越前守忠相でした。

この展覧会では、武蔵野一帯の新田開発の様子について、幕府の関わりや実際の開発の様子、また「水」について玉川上水との関係などを考察しました。

ページの先頭へ戻る