学校の先生方へ

小学生向け 江戸東京たてもの園見学シート

江戸東京たてもの園では、古い建物を移築し、室内では、当時の暮らしのようすを再現しています。
小学校3年生の社会科の単元「かわってきた人々のくらし」の中で
1 古い道具と昔のくらし
2 のこしたいもの,つたえたいもの
において、江戸東京たてもの園の見学を授業にてご活用いただける見学シートです。

「暮らしの100年 たんけんマップ」

江戸東京たてもの園 学校連携事業について

江戸東京たてもの園では、野外建築博物館としての利点を活かし、復元建造物内で昔の生活道具に実際に触れて体験学習を行うことができます。
当時のくらしを実体験しながら、時間の経過と人々のくらしの移り変わりを容易に、また鮮明に認識することができ、さらに体験活動を通しての当園ボランティアとの関わりから、世代を越えた実際の生活の話を聞くこともできます。

昔くらし体験

  • 民家で昔のくらしを体験します。(火鉢の炭に火をおこす・石臼を使った粉ひき)
  • 10月〜3月上旬にお受けいたします。

昔くらし体験をする前に《必読》 タイムスケジュール

火鉢で火おこし 石臼で粉ひき

たてもの園でのボランティア活動

夏休み子どもボランティア「ひじろっ子」

  • 近隣の小学4年生以上の子どもたちに、たてもの園で民家の清掃や来園者へのガイド、昔遊びの指導などのボランティア活動をしてもらいます。

学校団体で来園される場合、事前申請をしてください。

  1. 受付
    常時受け付けております。
    昔くらし体験については、当該年度の4月初めの開園日より、当年度分を先着順でお受けいたします。(1日1校。ご希望に添えない場合もあります。)
  2. 入園料免除について
    学校教育活動として入園するときは、都内の小・中・高等学校および都外の小学校の生徒の場合、入園料は無料です。引率の教職員の方は事前申請していただいた場合、入園料が免除となります。都外の中・高等学校の生徒は有料です。引率の教職員の方は事前に申請していただいた場合、入園料が免除となります。
  3. 下見について
    学校教育活動としての活動に先立ち、教職員の方が事前に下見される場合は入園料が免除になります。入園時にお申し出いただき身分証明書など所属のわかるものをご提示ください。
  4. その他
    学習内容の詳細について学校連携事業担当者と打ち合わせを希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡ください。

ページの先頭へ戻る