東ゾーン

東エリア

昔の商家・銭湯・居酒屋などを通して、下町の風情を楽しむことができます。
復元した建物の中には、当時の暮らしや商売の道具・商品などを展示しています。

  • E1天明家(農家)(てんみょうけ))[旧武蔵野郷土館収集]

    天明家(農家)[旧武蔵野郷土館収集]

    江戸時代、鵜(う)ノ木村(現在の大田区内)で名主役を勤めた旧家です。
    正面に千鳥破風(ちどりはふ)をもつ主屋・長屋門・枯山水庭園などに高い格式がうかがえます。
    [大田区鵜ノ木一丁目/江戸時代後期]

  • E2小寺醤油店(こでらしょうゆてん)

    小寺醤油店

    大正期から、現在の港区白金で営業していた店です。味噌や醤油、酒類を売っていました。
    庇の下の腕木とその上の桁が特徴の〈出桁造り(だしげたづくり)〉がこの建物のみどころです。
    [港区白金五丁目/1933年(昭和8)]

  • E3鍵屋(居酒屋)(かぎや)[旧武蔵野郷土館収集]

    鍵屋(居酒屋)[旧武蔵野郷土館収集]

    台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。
    震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3)に建てられたと伝えられています。
    建物と店内は1970年(昭和45)頃の姿に復元しています。
    [台東区下谷二丁目/1856年(安政3)]

  • E4子宝湯(こだからゆ)

    子宝湯

    東京の銭湯を代表する建物です。神社仏閣を思わせる大型の唐破風(からはふ)や、玄関上の七福神の彫刻、脱衣所の折上格天井など贅(ぜい)をつくした造りとなっています。
    [足立区千住元町/1929年(昭和4)]

  • E5仕立屋(したてや)

    伊達家の門[旧武蔵野郷土館収集]

    明治初期に現在の文京区向丘に建てられた〈出桁造り〉の町家です。 内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。
    [文京区向丘一丁目/1879年(明治12)]

  • E6武居三省堂(文具店)(たけいさんしょうどう)

    武居三省堂(文具店)

    明治初期に創業した文具店です。当初は書道用品の卸をしていましたが、後に小売店に変わりました。
    建物は震災後に建てられた〈看板建築〉で前面がタイル貼りになっていて屋根の形にも特徴があります。
    [千代田区神田須田町一丁目/1927年(昭和2)]

  • E7花市生花店(はないちせいかてん)

    花市生花店

    昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋です。建物の前面は花屋らしくデザインされています。店内は昭和30年代の花屋を再現しています。
    [千代田区神田淡路町一丁目/1927年(昭和2)]

  • E8万世橋交番(まんせいばしこうばん)

    万世橋公園

    デザインや建築様式から明治時代のものと思われます。
    正式名称は須田町派出所。神田の万世橋のたもとにあり、移築の時にはトレーラーでそっくり運びました。
    [千代田区神田須田町一丁目/明治後期(推定)]

  • E9植村邸(うえむらてい)

    植村邸

    建物の前面を銅版で覆ったその姿は、〈看板建築〉の特徴をよくあらわしています。
    外観は、全体的に洋風にまとまっていますが、2階部分は和風のつくりとなっています。
    [中央区新富二丁目/1927年(昭和2)]

  • E10丸二商店(荒物屋)(まるにしょうてん)

    丸二商店(荒物屋)

    昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。
    店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。
    [千代田区神田神保町三丁目/昭和初期]

  • E11村上精華堂(むらかみせいかどう)

    村上精華堂

    台東区池之端の不忍通りに面して建っていた小間物屋(化粧品屋)です。
    昭和前期には、化粧用のクリーム・椿油や香水等を作って、卸売りや小売りを行っていました。正面は人造石洗い出しで、イオニア式の柱を持ち、当時としてはとてもモダンな造りとなっています。
    [台東区池之端二丁目/1928年(昭和3)]

  • E12川野商店(和傘問屋)(かわのしょうてん)

    川野商店(和傘問屋)

    傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋の建物です。内部は1930年(昭和5)ころの和傘問屋の店先の様子を再現しています。
    [江戸川区南小岩八丁目/1926年(大正15)]

  • E13大和屋本店(乾物屋)(やまとやほんてん)

    大和屋本店(乾物屋)(やまとやほんてん)

    港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての商店です。3階の軒下を伝統的な〈出桁造り〉にする一方、間口に対して背が非常に高く、看板建築のようなプロポーションを持ったユニークな建物です。戦前の乾物屋の様子を再現しています。
    [港区白金台4丁目/1928年(昭和3)]

  • E14万徳旅館(まんとくりょかん)

    万徳旅館(まんとくりょかん)

    青梅市西分町の青梅街道沿いにあった旅館です。建物は創建当初に近い姿に、室内は旅館として営業していた1950年(昭和25)ころの様子を復元しています。
    [青梅市西分町/江戸時代末期〜明治時代初期]

休憩室のご案内

  • 店蔵型休憩棟

    川野商店(和傘問屋)

    東ゾーンにある店蔵型休憩棟の1階は無料休憩所となっています。
    2階には武蔵野の伝統の味を伝える手打ちうどんや日替わり弁当を食べられるお店があります。

  • 2階食べ物処「蔵」店内

    2階食べ物処「蔵」店内

ページの先頭へ戻る